民事裁判一審判決

                    2014年7月28日    

  韓国のマスコミの皆様へ                       弁護士 佐々木 満男

私は国際福音キリスト教会ビュン・ジェーチャン主任牧師の準強姦刑事事件およびクリスチャントゥデイの名誉棄損民事裁判に間接的にかかわった者であります。   それぞれの裁判は他の弁護士が担当しましたが、事件の全体の流れをよく知る者の一人として、また法律の専門家である弁護士として、さらにはクリスチャンの一人として、今回のビュン牧師に対する損害賠償請求民事事件についての東京地方裁判所判決に対して、これに不服である同牧師が東京高等裁判所に控訴していることに関連して、個人的な意見を述べさせていただきます。   下記は新生宣教団発行の月刊紙「つながり」(2014年1月号)に掲載した私の記事であります。  

「疑わしきは罰せず」 詳細はこちら

キリストにあって心から愛する皆様へ

 

主の御名をあがめ、賛美いたします。

 

この度、民事裁判の判決を受けて、お祈り頂いている方々からもうすこし詳しい内容を教え てほしいというご意見がありましたので、改めてご説明させて頂きます。

判決の内容としては、「第一事件 セクシャルハラスメント(以下:セクハラ)」は、原告 A・B・C・ Dの主張が認められ、こちら側に賠償金の支払いを命じられました。「第二事件  パワーハラスメント(以下:パワハラ)」に関しては原告Eの主張は棄却されました。「第三 事件名誉棄損:被告坂本兵部氏、加藤光一氏、毛利陽子氏、小笠原孝氏、第 1事件原告A・B・ C・D,第2事件原告E」では、私たちの主張は棄却されました。

この中で「第一事件」と「第三事件」の結果は、弁護士や法律専門家も予想だにしない「不 当な判決」となり、私たちも非常に驚いています。

この判決が、「不当な判決」だと言わざるを得ない理由は、以下の通りです。

 

1.原告Cさんの準強姦の訴えから始まった刑事裁判の判決において、以下のことが認められています。 詳細はこちら