お知らせ

2016年7月30日

 ハレルヤ! 変わることのない真実な主の御名を心から賛美いたします。
 長かった梅雨もようやく明け、猛暑の季節、また夏のキャンプなどの時期となりますが、先生方には、日々主の御用のためにお忙しいことと存じます。

 さて、私たち事で恐縮ですが、2009年から始まった民事訴訟は先月14日、最高裁が双方の上告を棄却し、第一審、東京地裁の判決が確定しました。また、遡りますが2011年5月20日には、刑事裁判では無実無罪(証拠不十分という理由の判決ではない)の判決を受けておりますことも、書き加えさせていただきます。この間、多くの方々のお祈りとご支援を賜りましたことに、改めて感謝を申し上げます。みなさまのお力添え、そして励ましの数々がなければ、ここまでくることはできませんでした。

 この7年の間、私たちはこの苦しみを通らなければ学ぶことができなかったことを学ぶことができました。神様の深い愛と赦し、そしてパウロが告白したように「私(たち)は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました」(ピリピ4:11)。心の天国を奪われることがないように常に祈り、主にあっていつも喜ぶことを選び取って参りました。

 裁判の結果は、納得がいくようなものではありませんでしたが、刑事裁判での判決を主からの恵みとして受け取り、すべてのことは主の御手に委ね、これからも私たちに委ねられている使命を全うしていく所存でございます。主にある兄弟姉妹として、神の国をともに勝ち取っていく同志の一員に加えさせていただけたら感謝でございます。

 今後は、これまで多くの面で助けていただいたみなさまに、微力ながらお役に立てることがありましたら、ぜひお手伝いさせていただきたいと思います。何なりとお申し付けくださいませ。喜んで仕えさせていただきます。

 すべてのことに心から感謝をしつつ

国際福音キリスト教団 牧師一同

 

※「最高裁の棄却を受けて」という声明文も掲載いたしました。もしご関心があおりでしたらお読みにみなってください。

国際福音キリスト教団 牧師一同

 この度の一審以降の民事訴訟の判決について、私たちはとても残念に思います。今回裁判所は、被害者と称する女性たちの証言はそのまま取り入れる一方で、私たちから提出された、しっかりした数々の証拠に対しては、控訴審、そして最高裁に至るまで、まったく触れようとしませんでした。これに対して、私たちの弁護士たちは、以下の見解を表明しています。

「被害者と称する女性たちの証言は、いずれも裏付けの証拠はなく、その被害の内容もあいまいで矛盾も多い。特に刑事裁判となった事案においては、裁判所において徹底的に証拠調べがなされ、被害者と称する者の証言が全くの虚偽であることが明らかになっていたにもかかわらず、今回の民事の第一審、控訴審の裁判官は、刑事事件の検察官と同様の誤りを犯したものと言える。

今回の一連の件は、ビュン氏としては全く事実無根の事であり、民事の判決が確定したとしても、真実は何かという点において変わりはない。」(最高裁棄却に関する弁護士からの声明文より)

さらに、弁護士たちは、「この裁判に携わる中で、背後に『巨大な悪』が働いているという事実を知るに至った。これは弁護士人生始まって以来、初めて受けた衝撃であった」、「今まで日本の裁判制度は、客観的な証拠を基として判決が下されてきたと信じていた。しかし、この度の判決によりそれが裏切られ、受けたショックは非常に大きい。」とも語っています。

裁判は客観的な証拠を基に進められ、判断されるべきです。それが裁判の在り方です。ですから、この度の一審以降の民事訴訟の判決について、私たちはとても残念に思います。
しかし、主はすべてのことをご存知であると信じます。これまで、私たちのために祈り、助けてくださった皆様に心から感謝をいたします。

この度の最高裁の棄却を非常に残念に思います。
以下は弁護士の声明文です。

このたびの上告棄却決定に対して代理人として非常に残念に思う。
 本件の被害者と称する女性達の証言は、いずれも裏付けの証拠はなく、その被害の内容もあいまいで矛盾も多い。特に刑事裁判となった事案においては、裁判所において徹底的に証拠調べがなされ、被害者と称する者の証言が全くの虚偽であることが明らかになっていたにもかかわらず、今回の民事の第一審、控訴審の裁判官は、刑事事件の検察官と同様の誤りを犯したものと言える。
今回の一連の件は、ビュン氏としては全く事実無根の事であり、民事の判決が確定したとしても、真実は何かという点においては変わりはない。

    弁 護 士  三 木 祥 史
       同  小 池 由 美
       同  高 松 和 彦




일본대법원의 항의 상소 기각에 대한 변호사 성명문

<변재창 선교사의 거짓 성추행 혐의 관련 일본 민사법정의 부당 판결에 대한 항의 상소 기각>
지난주 6월 14일 일본 대법원에서 변재창 선교사의 성추행 부당판결에 대한 상소를 기각했습니다. 참으로 유감스럽기 그지없습니다. 그동안 7년간 변호를 맡아온 변호인단으로서 다음과 같이 성명문을 발표합니다.
이번 상소가 기각됨을 참으로 유감으로 생각합니다. 이 사건의 피해자를 자칭하는 여성들의 증언에는 그 주장을 뒷받침할 단 하나의 증거도, 확실한 증인도 없습니다. 또한 피해를 입었다는 내용 자체에도 여러 가지 모순이 있습니다.
민사 재판 내용에는 앞선 형사 재판에서 다루어진 사안이 포함되어 있었는데 형사 재판소는 이미 이 사건에 대한 철저한 조사를 행한바 있습니다. 그리고 제출된 모든 증언과 증거를 조사한 결과, 소위 자칭 피해자라 하는 여성들의 증언과 증거가 모두 허위로 날조된 것임이 명백히 드러났으며, 그 결과 형사 재판에서 변재창 선교사의 무고무죄 판결이 확정되었습니다.
이럼에도 불구하고 이번 민사 재판관들이 부당한 판결을 내린것은 앞선 형사재판에서 검찰측이 증거도 없이 범한 똑같은 오류를 다시 저지른 행위라고 말할수 밖에 없습니다.
따라서 비록 이번 민사 판결이 변 선교사의 성추행 혐의를 인정했다고 할지라도, 참된 진실은 이 판결 여부와는 무관하며, 변재창 선교사는 무고하며, 형사판결에서 확증된 바와 같이, 본 성추행 사건은 그 혐의 자체가 날조된 허위 사실임을 분명히 밝히는 바입니다.

2016.6.16.
    변호사 미키
    변호사 타카하시
    변호사 코이케

HPをご覧のみなさま

ただいま私たちは、最高裁判所での再審のために署名を集めています。もし、私たちの働きにご理解いただけたなら、ぜひ、インターネットでの署名にご協力お願いいたします。

下記のサイトで署名を集めています。
 https://www.change.org/

※注意点

1、ネット署名に必要な情報は、氏名、郵便番号、メールアドレスです。
2、最終的に集めた署名をリストにして印刷して、嘆願書として最高裁判所へ提出いたします。
3、最終的に提出するリストには、氏名と郵便番号のみが記載されます。(メールアドレスは記載されません)
4、サイト上の個人情報を隠すには、署名時に『署名をChange.org上で公開』のチェックを外してください。
5、それ以外の操作に関しては、Change.orgの利用規約に従ってください。

愛する皆様へ

 主の御名をほめたたえます。
 夏も終わり、すっかり秋めいて参りました。皆様には、日々主のご用にお忙しいことと存じます。また、日ごろから私たちのために祈り、多岐にわたり支えてくださって心から感謝をいたします。
 ご存知でいらっしゃると思いますが、この度、第二審での判決が出ましたので、皆様には私どもから説明をさせていただきたく、こちらに載せることといたしました。
 改めて、この裁判のことでは、皆様には多大なるご迷惑をおかけし、申し訳ありません。皆様も私たち同様、苦しい年月を過ごしてこられたと思います。しかし、そのような中でも、私たちをいつも励まし、支えてくださることは、私たちにとってどれほど心強いか分かりません。心から感謝をいたします。
 そのような皆様からのお力添えがありましたが、第二審の判決は残念なものとなってしまいました。これは、私たちも、また弁護士にとっても予想外の結果でした。その内容について書かせていただきました。もし、関心がおありでしたら以下のファイルを開いて読んでいただき、続けてお祈りくださいましたら感謝でございます。

 私たちも、皆様とそのご家族、また貴教会のためにお祈りしております。

2015年8月28日
国際福音キリスト教団 牧師一同

第二審の判決に関する声明文

弁護士からの声明文

第二審判決の不当性(説明文)

제 2심 판결의 부당성(설명문)

변호사 성명문

본 판결 관련 일본 크리스천투데이 인터넷 기사 링크 → 이곳을 클릭

일본 크리스천투데이 기사 PDF파일

                    2014年7月28日    

  韓国のマスコミの皆様へ                       弁護士 佐々木 満男

私は国際福音キリスト教会ビュン・ジェーチャン主任牧師の準強姦刑事事件およびクリスチャントゥデイの名誉棄損民事裁判に間接的にかかわった者であります。   それぞれの裁判は他の弁護士が担当しましたが、事件の全体の流れをよく知る者の一人として、また法律の専門家である弁護士として、さらにはクリスチャンの一人として、今回のビュン牧師に対する損害賠償請求民事事件についての東京地方裁判所判決に対して、これに不服である同牧師が東京高等裁判所に控訴していることに関連して、個人的な意見を述べさせていただきます。   下記は新生宣教団発行の月刊紙「つながり」(2014年1月号)に掲載した私の記事であります。  

「疑わしきは罰せず」 詳細はこちら

キリストにあって心から愛する皆様へ

 

主の御名をあがめ、賛美いたします。

 

この度、民事裁判の判決を受けて、お祈り頂いている方々からもうすこし詳しい内容を教え てほしいというご意見がありましたので、改めてご説明させて頂きます。

判決の内容としては、「第一事件 セクシャルハラスメント(以下:セクハラ)」は、原告 A・B・C・ Dの主張が認められ、こちら側に賠償金の支払いを命じられました。「第二事件  パワーハラスメント(以下:パワハラ)」に関しては原告Eの主張は棄却されました。「第三 事件名誉棄損:被告坂本兵部氏、加藤光一氏、毛利陽子氏、小笠原孝氏、第 1事件原告A・B・ C・D,第2事件原告E」では、私たちの主張は棄却されました。

この中で「第一事件」と「第三事件」の結果は、弁護士や法律専門家も予想だにしない「不 当な判決」となり、私たちも非常に驚いています。

この判決が、「不当な判決」だと言わざるを得ない理由は、以下の通りです。

 

1.原告Cさんの準強姦の訴えから始まった刑事裁判の判決において、以下のことが認められています。 詳細はこちら